シティライトインフォメーション(1000000041)|岡山の中古車・新車・未使用車・車検ならシティライト(citylight)


インフォメーション詳細

お知らせ

第83回都市対抗野球大会第一次予選のご報告



5月12日より開催されました都市対抗予選ではたくさんのご声援本当にありがとうございました。
初戦、決勝と息の詰まる接戦に勝利し2年ぶりの優勝を果たす事ができました。皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
ここに、今大会のご報告をさせて頂きます。

<初戦 5月19日>

初戦の相手は倉敷市 倉敷ピーチジャックス。昨年の都市対抗予選でも延長までもつれ接戦となった相手である。当社の先発は加治屋、相手は好投手の石田投手で昨年と同じ顔合わせになった。互いに譲らない投手戦となる展開の中、ついに均衡が破れる。3回に辻のヒットからチャンスを作り、ツーアウト二塁の場面で打席に立つのは新人の坂口。カウントツーストライクと追い込まれたが振りぬいた打球がレフトの頭を越え待望の先制点が入った。このままいけるかと思ったがすぐに同点とされてしまい試合は振り出しに。次の1点を先に取りたいと互いに攻防が続いていた5回にまたも辻のヒットからチャンスを作り、この場面で打席に入るのは八代。今大会まで決して調子がよかったとは言えなかった八代を信じて使い続けた監督の期待に応えるレフトオーバーのツーベースでついに勝ち越した。加治屋は、この1点を守り続け9回完投。チーム投手最年長の男が気迫のピッチングで投げ抜き、当社は翌日の第一次予選決勝に進んだ。


<決勝戦 5月20日>

決勝の相手は倉敷市 三菱自動車倉敷オーシャンズ。昨年敗れた相手、そして今年のオープン戦でも敗れている為、絶対に負けないと強い気持ちでチーム一丸となって試合に臨んだ。当社の先発は井上、昨年の決勝でも先発した男は今年も大役を任された。相手投手の森唯斗投手も速球と気迫で投げ込んでくる好投手で、ここでも投手戦が予想された。開始直後の1回にいきなりピンチを招いて失点してしまい相手に先制点を与えてしまった。当社もチャンスこそ作るものの、森唯斗投手の前に1本がでない。4回の守り1アウト満塁の大ピンチ。ここで相手の攻撃を何とか食い止めた当社は裏の攻撃で反撃を開始する。八代のヒットからチャンスを作り、ここで迎えるのは新人の松本。試合前にはとても緊張していたという松本がするどい当たりをレフト前に放ちついに同点に追いついた。まだ当社の攻撃は続く。ツーアウト2、3塁となり迎えるのはまたも新人の馬淵。チームの思いを背負った馬淵は追い込まれながらしぶとくセンターにタイムリーを放ちついに当社は試合をひっくり返した。先発井上は5回まで自分の役割を果たし二番手の寺田に託す。寺田は今大会までにケガでプレーが出来なかった時期もあり、大会にかける強い思いがあった。その寺田がマウンドで躍動する。気迫あふれる投球で相手打線に1本もヒットを許さずこのまま当社は押し切った。好投した寺田は大会のMVPにも選ばれた。


当社は6月の2日から始まる中国地区予選に都市対抗本戦出場をかけた戦いに挑みます。

この度は、皆様の温かいご声援に背中を押されてこのような結果を残すことが出来ました、心よりお礼申し上げます、ありがとうございました。
中国地区予選でも本戦出場を目指し精一杯戦って参ります。中国地区予選でもご声援よろしくお願い致します。

≪インフォメーション一覧へ戻る