新車を上手に購入するポイント|岡山の中古車・新車・未使用車ならシティライト(citylight)


新車を上手に購入するポイント

ポイント1

「決算期」「キャンペーン期」を狙う。「9月決算」「3月決算」「ボーナス商戦」などがあるが、一番は「3月決算」である。
他、車種を限定して販売台数を伸ばしたい月間が販売店によってあるので、その月がわかれば狙える。

ポイント2

決算時期でも、その月に納車しないと意味がないので納車ができないとなるとセールスマンのやる気が引き出せない。
購入は1か月以上かけて2か月目の第2週ぐらいが納車に間に合うので両者気持ちよく契約ができる。

ポイント3

下取り車がある場合、買取業者で査定してもらい、下取りに出すかを判断する。
またディーラーでは'下取り費用や下取り査定料を取る場合が多いので、これも含めて検討する。
セールスが契約を急がせる態度をとった場合は、「じっくり考えたいので、急がせるのならば諦める」と突っぱね、こちらのペースで商談を進めること。
本当に買う意志があるのなら、それで不利になることは絶対ない。他、仮契約などもするべき。
また、セールスの押しに耐えきれなくなりそうなら、第3者を悪者にしてかわすこと。
たとえば、「まだ嫁の承諾うけていないので契約できない」など。

ポイント4

契約後、他ディーラーに断りを入れる場合、縁故がらみで断るとカドがたたず、すんなり断れる。
例えば「今回は叔父さんの義理絡みなので」と強調する。

ポイント5

新車を購入する地域によっても値引額は大きく異なってくる。
ライバルのディーラーが多い東京・神奈川・大阪・愛知・福岡・北海道などの都市部では最大限の値引き額を引き出すことが出来るかもしれないが、ライバルディーラーが少ない地方では最大限の値引き額を引き出すことが難しいかもしれない
(地方では雑誌などに掲載されている目標値引き額まで値引きできない可能性が高いかもしれない)。

ポイント6

ディーラーは、毎月、目標販売台数(ノルマ)が設定されており、この目標販売台数の達成具合によってメーカーから報奨金(インセンティブ)が出るので、もしも後1台で目標販売台数に達するといった状況であれば、いつも以上に値引き額を大きくしてくれる可能性が高くなる(値引き額を大きくしても報奨金のほうが大きい額なのでディーラーとしては儲かる)。
一方、すでにその月の目標販売台数(ノルマ)を達成している場合は、わざわざ値引き額を大きくして販売する必要はないので、
この辺りは多少、運に左右されるかもしれない。

ポイント7

新車は陸運局で登録されてはじめて販売台数に数えられ、通常、契約から登録(納車)までには2,3週間ほど掛かる
(人気車・モデルチェンジ後の車種は1ヶ月、2ヶ月掛かることもあります)、毎月15日前後に契約をするようにすれば、
セールスマンの目標販売台数が達成するか?しないか?のギリギリのラインとなっていることが多いので、その辺りも考えながら契約日を考えることがいい。

ポイント8

ディーラーオプション(付属品)、諸費用(代行費用)、自動車ローン、自動車保険、クレジットカードなどからも利益があり、
目標販売台数の達成率によってメーカーから報奨金(インセンティブ)が、3月、9月などの決算時期にはメーカーから奨励金が出ますので、実際はメーカーから貰えるマージン以上に値引きしても十分、利益が出るようになっている。
(ディーラーは現金一括で支払うお客よりもローンを組んでくれる客のほうが嬉しい)。

ポイント9

ディーラーオプション(付属品)のマージンは「20~30%」と言われてるので、10万円分のディーラーオプション(付属品)を付ければ、
ディーラーオプションから2万円ほど値引きしてもらえることも珍しくないが、逆にメーカーオプションのマージンはかなり薄いので、
高額なメーカーオプションを付けたとしても値引きはほとんど期待できない。

ポイント10

見積を出してもらうとき、「下取り、オプション、付属品抜きの、車両本体価格と諸費用だけの見積もり」をだしてもらう。

ポイント11

諸経費から値引き、またはカットできるのは、「納車費用・書庫証明費用」、この2つ。納車・車庫証明費用は自分でできるので、カットする。

ポイント12

3月、9月の決算期の次に新車を安く購入できるのが、「7月・12月のボーナス時期」。
ボーナス月は新車の購入を検討人が増えるので、決算期同様にメーカーから奨励金が出ることが多く、ディーラーも値引き額を大きくして販売することが出来る(セールスマンのノルマもきつくなる)。

ポイント13

電話ではなく実際にお店に行って、値引きの権限がありそうな人を見つけておくようにしておく。
いくら親切な人でも経験や実績がないと上司に相談しないと値引きができない。
店内に営業の売上げが名前別に壁に貼ってあったら、接客してくれる人がどの程度の成績なのかも注意しておくこと。
これまでの経験上、数をこなせる人はプロ意識が高く簡単に値下げしてくれない。
一方成績が悪過ぎるのもアフターの面で心配。月初めよりは月末押し迫った頃の方が交渉はスムーズ。